福住・西野々 妙見山の道づくり作業

  • 2014.05.12 Monday
  • 09:40
さてさて、またまた過酷作業レポート。
皆さんが「もう飽きた」と言ってもどうしても書きます。
だってそこに作業があるからさ。

それでも、例の「佐々木さん」が
「5月6日に山の道づくりをするから来い!」と召喚メールを飛ばしてきたのを
「・・・・その日はこらえて(=勘弁して)くれ」と
延ばしてもらって10日 土曜日。
だって6日はゲストハウスの方が稼働していてどんなに頑張っても
廻れなかったからで・・・
佐々木さん(佐)「田植えがあるんぢゃ〜〜〜!道づくりに使う杭と板が
田植え機の前に積んであるんで機械が出せんのぢゃ〜〜〜!
早く杭と板を山に持っていかんと田植えが出来んのぢゃ〜〜!!!」
支配人(支)「んな事、言われたってこっちもいっぱいいっぱいで無理ッス!」
佐「田植え機が出せないんぢゃ!」
支「田植え、いつよ!?」
佐「11日!」
支「ぢゃ、10日に作業したら次の日、田植え機出せる!10日にしてくれ!!」
・・・
・・・・
・・・・・
と言った壮絶な駆け引きの末、10日 土曜日 AM9時から
「妙見山の道づくり作業」と相成った次第。

で、駆け引きの結果、10日に延ばしてもらったまでは良かったが
日延べの結果、地元の参加人数が激減。
そうです。10〜11日は田植えラッシュだったので
佐々木さんとしてはその前の週に道づくりを済ませておきたかったのです。
でもそんなこと言われてもこっちも無理。
じゃ、我々抜きで道づくり作業を決行・・・とはならずに
日延べ+人員減少のまま作業に追い込まれた我々。
・・・・どうする・・・・!!???


とにかく道具をたくさん積んで・・・


突撃!!


集落の大切な水源でもある「妙見山」は
植林した針葉樹を伐採した結果、山肌が荒れ、全体に崩落の危険があります。
そこに広葉樹を植える作業をしたりで手を加えているのですが・・・

https://www.facebook.com/pura.sasayama2014?hc_location=timeline

道の途中の崩れが特に進行して上に上がるのにも危険な状態になってきたので
緊急の補修を迫られているのです。

ではどのように補修・対策するのかと言うと・・・



佐々木さん家のリフォームで出た廃材の板と



杭は買ったり集めたりして



これらの材料をジミ〜に担ぎあげます・・・
荷揚げしているのはウチの近所に工房を持たれている
家具職人のT氏。日延べによる人員減少により
一人あたりの労働が増加する!自分たちがヤバイ!
一人でも多く確保するのだ!と当たりまくった結果、
見事(ご本人にとっては不幸にも)キャプチャーされ
こんな処で労働されている次第です。



崩落しつつある斜面に杭を内外の2本組×3ケ所に打ち込んで



板を2段、場所によっては3段差し込みます。

取りあえずの応急処置ではあるのですが・・・


針金で杭と杭を締め上げると更に強度が増します。



ここまでやればスゴイでよ!!
もうすぐ梅雨を迎えます。
それまでに一応の対策が打てて一安心。



・・・・しかし更に上の方に崩落危険地帯があることが判明・・・
荷揚げは続きます・・・
とほほ・・・


因みに3月に皆さんが植えられた桜ともみじは元気です。


勢い余ってウチの裏庭から放置していた屋根の土を
搬出しました。
これは「ワチ」つまり谷筋の道の補修に回ります。

昔の家を解体すると大量の木と土が出ます。
今ではそれは「廃棄物」で処分するにも費用が発生します。
「でも、道づくりとかにリサイクル出来るんやで〜
これ、よう覚えておいてや〜〜」
と、佐々木さんはしょっちゅうそんな言い方をします。
リサイクル、とかもったいない、という言葉よりも
更に普通・自然な事だと知っているからでしょうか。


■兵庫県篠山市福住391番■
素泊まりの「はたご」
古民家ゲストハウス やなぎ
http://www.gh-yanagi.com

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

御来訪者様

ブログパーツUL5

trip advisorに参加しています

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM